カテゴリー別アーカイブ: デリヘルでのこと

私がデリヘルに思うこと

デリヘルという仕事をすることになった理由があまり言いたくないことなので、そこはスルーしてもらえるとありがたいです。

最初は不安や緊張の方が強くて、どうしていいかわからないまま接客していたという感じだったんですが、最近やっと慣れてきた感じがしています。

しばらくやってみて思ったことは、思っていたより楽しいことや面白いことがあるということです。

若い人から年を重ねた人など、いろいろなお客様の相手をするので、面白い人もたくさんいるんです。
話が凄く面白いお客様であったり、特殊な遊び方をするお客様もいます。

特殊な利用をするお客様というと真っ先に浮かぶのは、一度気持ちよくなると満足してしまう人なのに、何故か長い時間のコースを利用して、余った時間を私と話す時間に当てるんです。
私も勿体無いですよといつも言うんですが、お客様からすると話すことが楽しいそうで、なにか悪い気がする私は余った時間でちょっとお客様の部屋を掃除したりしてしまいます。

一人暮らしの男性の家に行く機会がたくさんあると、男性によって実にいろいろな部屋の構成にしていたり、綺麗にしていたりちょっと汚くなっていたり、同じ部屋というものがないので部屋の中を眺めてみるのが楽しいです。

ありがたいことに指名も自分が望む以上に頂いていますし、繰り返し利用してくれるお客様も多い上に、そのお客様は良い人ばかりなので私は恵まれている方だと思っています。

あまりに長期間は出来ないとは思っていますが、出会いを大事にしながら、自分なりに楽しんでこれからもやっていきたいと思っています。

M性感で働いていて最も変態だと思ったお客さん

M性感のお店で働いています。お客さんは基本的には変態で女の子みたいに喘ぐ人も結構いるのですが、その中でもこいつは本当に変態だと思ったお客さんがいます。まず初回に入った時の話です。

まず、私のお店ではお客さんをシャワーを使って綺麗にするので、服を脱がせます。するとそのお客さん下着が女性物だったのです。女性の下着を着ていじめられるのが好きということなのですが、大体のお客さんは持ってきてこれを着ていじめて欲しいというのですが、そのお客さんはその日一日その下着で生活してきたのです。この時点で結構変態さんだなと思ったのですが、序の口だったのです。

シャワーを浴び終わって、フロントから渡されたカルテを見ながら軽く打ち合わせをするのですが、なんと、無料のプレイはすべてOKなのです。結構幅広く、アナルからスパンキング、拘束まで色々できるのですが、M性感のお店なので大体アナルを責められたいや乳首責めなどソフトがメインのお客さんがおおいのですが、全部OKだったのです。

これは楽しめるかもと思ってまず拘束してスパンキングを始めると、スパンキングでバシバシ叩く度に喘ぐのです。痛いとかぎゃーとかじゃなくて喘いでいるのです。
それだけならまだ極稀にいるのですが、そのままスパンキングだけで逝ってしまったのです。その後もアナルを犯しても逝くという強者だったのです。

ペニスに触れなくてもガンガン逝ってしまうのですごく面白かったです。
2度目以降は毎回違う女性物の服を一式持ってきてプレイするので今度はどんな服だろうと楽しみにしています。こういう変態さんって本当にいるのですね。

大阪は梅田でデリヘルデビュー

わたしがデリヘルになろうかなと思ったのは、学費を稼ぐため!とはいっても今は20代前半の若いピチピチというわけではありません。私は実家があまり裕福でなかったために大学に進学希望だったけれど、大学に行くことはできませんでした。そして高卒で卒業して働いていたけれど、やっと入学できるくらいのお金をためることが出来たのです。そのためにいよいよ大学受験を目指して始動し始めました。

でも心配なことは毎月の学費や生活の心配!それをまかなうためにデリヘルはどうかなと思ったのです。まず始めはちょっとやってみて決めようかなあと思ってお店に入店。意外にもわたしの性格にあっている仕事なのか、楽しく出来たのです、この仕事。だから時給もいいし、毎日しなくてもいいし、これから学生になろうとする私にはいいのかなあと思って続けています。今は続けてやっと2ヶ月が経ったところ。そしてそのデビューは地元梅田でした。

緊張したけれど、最初のお客さんは結構紳士的な人で、デリヘルは常連さんということです。だからはじめての私でも安心していいよと言われて、リラックスできたことを覚えています。

また経済的にも余裕があるのかルームサービスを取ってくれて一緒に食事。もちろんいちゃいちゃしながらだけど、なんだかシャンパンを飲みながら、それで私のあそこをなめられたり、冷やされたりして、とっても不思議な快感だったことを覚えてる。はじめがこんないい印象だったからまだまだ続けていきたいと思っています!